set up a pc

無事PCが出来上がったものの、どうも変。すごく気になる。なんかイライラしてきた。つーかウルサイ。前の数倍はウルサイ。キャロラインは電源つけっぱなしでも ぜんぜん気にならなかったけど、新PCは激ウルさい。こんなん嫌やー。

▼騒音源
 

うるさい原因として思いついたのが、

・電源ファン
・ケースファン
・CPUファン
・振動
・HDD

しかし、どう聞いてもこれはPCの後ろから出てくるファンの風音。 電源ファン交換か。。。めんどい。

▼対策
 

ケースファンを止めろ

まず、手っ取り早いケースファン。コネクター引っこ抜いて動作をとめました。でも大して変わらない。やはり電源ファンをなんとかしないと。
<効果:微妙>


そんなときは音楽

そうじゃん、PCの音が気にならないぐらいに音楽をかけよう。なんて天才。早速プレーヤーにHouse系CDを入れて再生ボタンをポチっとな。うーん、微妙。音量をどんどんアップ、近所迷惑を顧みず、普段かける音量以上にボリュームをあげてみる。でも、音楽聴いてるのと同時に騒音も聞こえてしまう。一度気になってる音って、ほかに紛らわせらないんだねぇ。やはり電源ファンをなんとかしないと。
<効果:微妙>


電源ファンに蓋を

電源ファンの交換はハードルが高い、というか限りなく面倒くさい。中国シンセン製って書いてあった。懐かしい。でも、いらーん!ネットで調べまくったら、静音電源というのが売られているらしい。電源ユニットの交換も面倒だなぁ。と思ってたら、ファンの排気口にダクトをしてしまえば音が減るという事実を発見

早速、近所のツクモ電器に聞いたら、他店在庫で取り扱ってるという。ソッコーお取り寄せ。高いのか安いのかよく分からん値段の4000円也。取り付けも簡単。これでつけっぱなしで寝れると期待に胸膨らましながら、スイッチオーン、グォオーン!ブォヲヲーン。ほっとんど変化なし。あぁ最悪。騙された。キー、悔しーぃ。余計イライラしてきた。やはり電源ファンをなんとかしないと。
<効果:ゼロ、時にムカつき感を伴います>


PC自体に蓋を

・ベランダへ追放
ウルサイPCごと何とかしようと、本体をベランダに出すことを計画。でも@夏場に熱暴走しそう、 A雨が降ったとき使えない、Bコードが届かない、で諦めた。今でもベランダ追放はいい案だと思ってる。ベランダ全体にガラス窓をつけたら大丈夫かな、ってそんなカネないわい。
<断念;莫大なカネがかかります>

・PCにダンボール
梱包されてたダンボールにPCを戻して、ふたした。確かに音は少なくなったけど、気にはなるし、熱がこもってしまう。しかもふたしてしまったからCDROM使えんし。
<効果:まあまあ、しかし美しくない>

・PCをバスタオル巻き
好きな赤色のバスタオルでPCを巻いた。ダンボールほどじゃないけど、音は少なくなった。でも気になる。なんでここにバスタオルがあるの?と聞かれて毎回説明するのも面倒。あー、このヘッポコPCめ。
<効果:まあまあ、しかしピンとこない>


やはり電源交換か

結局、電源ユニットを交換することにした。近所のツクモ電器で6000円也。ほかに振動吸収シートとやらを1000円でお買い上げ。店の人にあれこれ聞いて決めたけど、店の人も騒音は個々のケースだから薦めにくいようで、説明に歯切れ悪い。7000円も出すんだったらケースごと買い替えたら?と言われたけど、デザイン重視なだけに却下。

で買ったのは、オウルテックSS-300FSというやつ。現状の電源よりも50W出力が少ないけど出力はあまり当てにできないみたいだから、よしとする。SS-300FSは周囲の温度に反応して回転数を変化させるらしい。でも、300Wのやつだけほかの機種についている、アクティブなんたら回路というのがついていない。Webでも説明がない。いったいどういう効果なんだろう。気になる。

早速、取り付け。PCの組み立てと同じようにあっさり簡単。こんだけ出費してるんだから神様なんとかしてと祈りつつ、電源オーン。おおおおお、静か。激マシ。回転数が変わっているような雰囲気はまったくしないけど、音が格段に減った。これでつけっぱなしにできる。こんなんだったら最初にやっとけばよかった。
<効果:大、しかし心にひっかかるものが。。。>


CPUファン交換もやっとこ

組み立てるときに将来のクロックアップを狙って、高速回転のファンに変えてたのを、静かだとPC雑誌では評判のインテル純正ファンに換えることにした。

高速回転マーズCPUファン(左)とインテル純正CPUファン(右)

外すのが面倒だったけど、ええぃと気合で外した、ら、なーんとCPUごと抜けてしまった。焦ったよ。ピンも曲がってるし。ファンとCPUが導熱テープでくっついてしまってはがれない。困った。無理やりドライバではがしたら、なんとなく嫌な感触が。ま、いいや。で、CPUを戻して、純正ファンを取り付けて、ちょっと不安だけど動いて頼むプリーズ、と電源オーン。あれ?ディスプレイケーブル抜けてる?お?あ?がぁあああー!CPUぶっ壊れたー。最悪。。

頭の中のマザーコンピューターが今までの出費と効果を高速演算して「オマエハ・バカダ、アホダ」とピロピロ言ってる。ううう。買い直しか、とCPUを外したら、ピンに黒いものが。もしかして。と黒いのをとって、どうかプリーズ嘘でもいいから起動してと神にすがる思いで電源オーン、あれ、あっさり起動。なーんだ。よかった。ケッ、マザーコンプーターめ。

音も確実に減った。もしかして電源ファンよりもCPUファンが問題だったの?と思うぐらい。冷却性能が低下したからケースファンは動かすことにした。
<効果:絶大、でもCPU外す際はお気をつけて>

マザーボードのマニュアル読み直したら、CPUファンがCPUに粘着するので純正品以外は使わないようにて書いてあった。というか組み立て時に気づいてました、その一文。ムッシングしたんですなぁ。せっかくファンかったんだしさ、て付けたのが愚かブですな。

▼副作用?
 

CPUさんが気を悪くしたのか、Outlookでデータが壊れたり(復旧)、表示もなんとなく変。

なんか、「か」だけ下がってる気が。ほかの「か?」も同じ。もしかして、諦められてる?

▼その後
 

画面描写が悪くなり、普通はVideoCardが悪くなったと思うはずが、この件でCPUが悪くなったのか!と思って、CPU同じの買い換えてしまった。で、取り替えても同じ症状。昔のVideoCardがあったので、取り替えたら直った。。。

自作時に買ったVideoCardが不良品だったのかも。玄人志向だからサポートなしだし、保証書なんて捨てたと思うし、もういいや。CPUあまったから今度はサーバーでも自作しようかな。

戻ります。